ドリブル力を鍛える

まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?

初心者から効果的な上達ができる3ステップとは?


ドリブル力を鍛える

フットサルでは、人数が少ない分、1人抜き去るだけで決定的な場面を作れます。

それだけでなく、パスやシュートのためのスペースを作り出したしたり、

味方の動きを待つための時間を作るなど、ドリブルは重要な役割を持っています。


ドリブルは、単純に"ボールを運ぶ"ためのドリブルと、

"相手をかわす"ためのドリブルの2つに分けられます。

今回は、ボールを運ぶドリブルの練習を紹介します。


ドリブルの練習

ドリブルの練習時には、マーカー・コーンがあると非常に便利です。

今ではかなり安く手に入れることができますので、是非持っておきましょう。


マーカーが無い場合でも、何か代わりに目印となるものがあれば良いでしょう。

練習場所が土のグランドならば、地面に目印を書いてしまっても良いでしょう。


ひとつめは、マーカーをひとつ置いて、その周りをぐるぐる回る練習です。

インサイドやアウトサイドなど、使う足を決めてドリブルをしましょう。

右足だけ、とか、足の裏だけ、など自分で使う部分を限定しましょう。


pic3.gif
フットサルのコートはあまり大きくありませんので、

サッカーのドリブル練習のように長い距離の練習をする必要はあまりありません。

それよりも、素早く小回りができるような練習に重点をおきましょう。


コーンをいくつか置いて、その間をランダムにドリブルする練習も良いでしょう。

ここでは使う足にはあまりこだわらず、

できるだけ素早くターンすることを心がけましょう。


pic4.gif
ボールを運ぶためのドリブルは、ドリブルの一番の基本となります。

それだけに、これができないと上手く試合を進めることができません。

日々の練習でしっかりと身につけましょう。




<< 前 | 次 >>

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

photo
 日本初プロフットサルチーム
 『名古屋オーシャンズ』の
 フットサルスクール公認コーチ
 大島裕樹氏のレッスンが自宅で受けられる。

 専門プロがフットサル専用の技術、
 試合の進め方、勝ち方
をDVDで徹底解説。
 いま話題の練習メソッド!

 >> 公式サイトをチェック

個人練習 関連記事